分母の行方

 NHK が各都道県に於ける「受信料支払率」の推計を公表しています(参考リンク)。これ、分子は実際に支払っている世帯数なので変わることは無いのですが、分母に使う数字は微妙です。

 まず定義として「受信料を支払う対象世帯」としています。従って総世帯数ではありません。更に、恐らくは生活保護など免除される世帯数を引いています。ここまでは良いとして、果たして拙宅のように NHK が視聴できるテレビ受信機を持っていない世帯を抜いているのか否か、気になります。と言うかそーゆー世帯数を割り出せるのかどうか、ですが。

 ま、あくまで推計ですからその辺は一定の割合を掛けているんでしょうけど、今度はそれがどんな割合なのか気になったり。

この記事へのトラックバック