二重取り禁止(初稿から結論を変更)

 SARVH が東芝に対し私的録画補償金の支払いを求めていた裁判で、最高裁が SARVH 側の上告を棄却し東芝側の勝訴が確定しました(参考リンク)。確定判決は知財高裁のものとなるため、アナログからの変換を伴わないデジタル放送レコーダは補償金の対象外となります。

 東芝に支払い義務は無いもののデジタル放送レコーダも補償金の対象とした一審判決のときはどーしたものかと思いましたが、結果的にはそれに満足できなかった SARVH 側のヤブヘビとなった格好で(勝訴した東芝は訴えの利益が無いので上訴できない)、一安心しました。確定判決でデジタル放送レコーダが補償金の対象から外されたことにより、補償金を請求するなら関係者間の合意を得る必要がでてきました。その段階でコピー制御を外す云々の議論も出るでしょうから、今後そー言った動きに...なりませんね。多分。

この記事へのトラックバック