張コウは三度死ぬ

 年明けの 2013 年には吉川英治作品の著作権保護期間が終了します(参考リンク)。彼の作品ではバガボンドの原作に当たる宮本武蔵、横山光輝さんが漫画化した三国志が特に有名でしょうか。

 当時から人気作家であり過酷な執筆スケジュールだったようで、三国志ではこの記事のタイトル通り曹操配下の張コウさんが三度も戦死していたり、遠術配下の楽就さんも呂布殿に惨殺された後に演義通りの亡くなり方をしていたりと、何気にツッコミどころも...まぁ、それでも国内で武蔵の人物像や三国志を確立した功績(?)は大きく、青空文庫入りするようなことがあれば大変意義があると思います。

 他にも柳田國男さんの遠野物語とか、私も原文は読んでいないので何気に楽しみだったり。

この記事へのトラックバック