最初から判っていたはずの二択

 音楽、映像の著作権団体が私的録音録画制度の再構築を訴えています(参考リンク)。はい、私は音楽、映像専用のメディア等に対し補償金を設けること自体に対して、納得はしませんが強硬な反対はありません。DRM が無ければねっ!

 そもそも地上/BSデジタル放送に DRM かけたから二重取りは許さん的な話になる訳で、素直にコピーフリーに戻せば現行制度でも補償金の徴収に反対する理由は無かったんですよ(最高裁で確定する前までは)。そう言った方面の譲歩を何もせず DRM もかけるけど補償金も寄越せ、は通用しません。汎用機に対する議論も、まず返還のルールを策定する方が先でしょう。今のままでは単なるロビー活動に過ぎず、ユーザの理解を得る気は無いように思えてしまいます。

この記事へのトラックバック