私にいい考えがある(玄田声)

 懲りずにまたも児童ポルノ法改正案が国会に提出されたのですが、今回は著作物のダウンロード違法化で味をしめたであろう議員立法のため逆に審議の優先順位は決して高くなく、また現段階では党議拘束もかからないので多少スキが残っています。雑誌協会や出版協会漫画家協会も反対の声明を出しており、動向はちょっと見通せません。

 さて、この改正案ではそもそもの曖昧な基準に恣意的な運用を許す危険性が加えられており、被害児童の救済からは既に遠く離れている印象が強くなっています。そこで提案。これ、親告罪にしちゃえばいいんですよ。そうすれば少なくとも被害者の居ない犯罪の成立は防げます。被害児童の救済について反対する人は、恐らくは誰も居ないのですから。

この記事へのトラックバック