draft 向けジロン的な 2013/7/10

 日経新聞が著作権の保護期間を 70 年に延長することで合衆国と歩調を合わせる旨報じています(参考リンク)。この話が出るってことは当然非親告罪化もセットと思われます。つまり、犠牲になったのだ、ってことですね。まだ他国との交渉次第で覆される可能性はありますが、この件に関しては国内にメリットが無いことは散々指摘されているにも関わらず集票に結びつかないとあっさり切り捨てられます...せめて意思表示はしておくことにします。

 不正 B-CAS 販売業者、及びマジコンの輸入販売業者に賠償命令が下っています(前者)(後者)。気になったのは、これ、裁判で争いがあったのかな? ってこと。被告の側から一切の情報が出てこないことに違和感、と言うかそもそも出廷していたのでしょうか。負けは揺るがないにしても、一方的な結果だけが積み上がるのは危険でもあるのですが...

この記事へのトラックバック