ちょっと一枚のつもりで組んで

画像 Windows7 発売導入当初からメインマシンで使っていたマザーボード GIGABYTE GA-MA78GPM-UD2H を、ASUS M5A88-M EVO へ交換しました。併せて CPU を Athlon X4 605e から 615e へ、ストレージを HDD から SSD へ換装しています。メモリも DDR2 8GB から DDR3 16GB へ増量しているので、気が付いたら割と大規模な改修に。OS は Windows7 のまま移植しています。ライセンス認証は電話を覚悟していましたがオンラインで通りました。

 SSD は流石に劇的ですが、他はちょっとずつですね。その結果の Windows エクスペリエンスインデックスは画像の通り、左が旧、右が新、うん、ちょっとずつ。HDD のときは障害対策として RAID1 を組んでいましたが SSD でそれは財務的に厳しいので週一の定期バックアップに。マザーボードを交換して IDE インターフェースと IEEE1394 が減りました。どちらもほぼ使う機会が無くなってしまったので実害は余りありませんが。ATAPI スリム光学ドライブを S-ATA へ変換したくらいですか。

 メインマシンを Windows8(8.1 含)へアップデートするつもりはありませんから、このスペックであと 3~4 年は凌ぎたいなと。

この記事へのトラックバック