コレクションできないコレクション

 艦隊これくしょん-艦これ-が、pixiv でフォローしている方が軒並み描くくらい流行っているようです。私が手を出すことはまずありませんが、自分の知っている艦がどのようにデザインされているのかには興味があったので少々調べてみました。ら、そのような艦に限ってまだ未実装だったりしたので、今後に期待を込めていくつか例示してみます。

・磯風
 陽炎型駆逐艦12番艦。陽炎型と言えば”あの”雪風の姉妹艦にあたります(雪風は艦これにも実装済み)。対戦末期まで生き残るのですが、大和に随伴した坊ノ岬沖海戦で被弾、航行不能に陥り、雪風の砲雷によって海没処理されます。磯風は武蔵、信濃、大和と大和型三艦の沈没全てに立ち会っているんですよね。

・初梅
 橘型駆逐艦14番艦。旧海軍が建造した最後の駆逐艦。竣工が遅かったこともありほぼ無傷で終戦を迎え、賠償艦として中華民国、今の台湾へ渡り信陽と命名されます。中国共産党との内戦で丹陽と名を変えた雪風と共に台湾へ脱出後、長く現役を務めた艦です。

・梨
 橘型駆逐艦10番艦。航空機による攻撃で一度沈没したのですが、9年後にサルベージされ、その2年後に護衛艦「わかば」として海上自衛隊に編入された奇跡の船です。旧海軍所属から自衛隊所属になった駆逐艦は彼女のみ。もっとも、規格が異なるためかなり無理矢理な運用だったようですが。

 ...あら、全部駆逐艦になってしまいました。

この記事へのトラックバック