フォロースルー

 
「高校野球特別規則17・バントの定義 バントとは、バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球である。自分の好む投球を待つために、打者が意識的にファウルにするような、いわゆる“カット打法”は、そのときの打者の動作(バットをスイングしたか否か)により、審判員がバントと判断する場合もある。」


 今年の夏の甲子園でカット打法が話題になりました。準々決勝終了時に上記ルールの確認が行われ、準決勝では封印せざるを得なかったとのことですが、Youtube の映像を確認する限り内角のボールをカットする際にフォロースルー(振り抜き)が十分ではなく、バットを止めているようなシーンが見受けられました。この場合はルールに抵触する可能性があります。

 ただ、であればそのときに注意するか、或いはスリーバント失敗でアウトを宣告すべきでした。でないとプレーする側は基準が判りません。オンプレーの中で処理できなかった審判員にも問題はあります。とは言え、仮に全打者が同じようなプレーをしてしまっては野球という競技自体が瓦解してしまいます。技術力は買いますし誰にでもできる打法ではありませんが、真似して欲しくは無いのでしょう。

 ちなみにプロでも通用するかを考えると、恐らくは内角へ非常に厳しいボールを投げ込まれることになるでしょう。それによる死球や故障のリスクまで考えると、今以上の技術と余程の覚悟が必要でしょうね。

この記事へのトラックバック