最後のコンポーネント

画像 拙宅では Blu-ray プレーヤとして現在 SONY BDP-S350 を使用していますが、今回 BDP-S470 を追加しました(写真)。

 2010 年製、SONY では AACS によるコンポーネント出力に解像度制限のかかる前の Blu-ray プレーヤとして最終モデルになります。当然中古になりますが、拙宅ではコンポーネント、又はD端子出力が必須なため選択肢は多くありません。見掛けたら速確保の精神で。

 ちなみに本年末を以て Blu-ray プレーヤでは SD アナログ出力も新規製品からは禁止となります。正直、バカらしいことこの上ありません。

この記事へのトラックバック