draft 向けジロン的な 2013/11/15

 WikiLeaks が知財関係の TPP 草案と称する文書を公開しているとのこと(参考リンク)。これが本物だとすると、意外だったのは読売によると著作権の死後70年への延長は日本を含む6カ国が反対、産経によると著作権の非親告罪化には日本とベトナムの2カ国が反対と、多分無条件賛成だろうと思っていたこの二件に対し反対していたこと。最終的にどうなるのか判りませんが、少し見直しました。本物だったら、ですが。

 著作権と言えば、国内の権利者団体はまだ補償金制度を諦めていないようです(参考リンク)。はっきり縮小と決まっているのに、むしろ拡大する方向で。そんな訳で油断は禁物です。慢心ダメ、絶対。

この記事へのトラックバック