ServicePack を名乗らない理由?

 Windows8.1 の Update を一般には 4.8 に公開する旨発表されています(参考リンク)。まさかサポート期限を延長しないために ServicePack の名称を使わない訳では無いのでしょうけど、8.1 だったり Update だったり、一貫して頂きたいところ。

 同時に将来のアップデートで本格的にスタートメニューが復活することもアナウンスされていますが、このタイミングでそれを言わねばならないところに 8/8.1 の苦境が感じ取れます。実際問題として、導入する方としては復活してからの検討になりますが。

 そして9インチ未満のタブレット端末で Windows を無償化(参考リンク)。Office365 の1年間サブスクリプション付とのことですから、ある程度の継続数でカバーできるとの見込みなのかもしれません。

この記事へのトラックバック