ロボットによる近接戦闘

 ガンダム以降のリアルロボット系作品ではロボット同士の格闘戦や近接戦を実現するため様々な設定が編み出されています。その中でもやはりレーダーを無効化するミノフスキー粒子の設定は秀逸で、これを越える物は中々現れていません。今期放送開始された作品でロボット同士の近接戦に説得力を持たせようとしたものでは、過去に使用された気象兵器の影響で航空兵器が使えなくなった、と言うものがありました。そこまでは良かったのですが...

 何処まで航空機が使えないのかに対する説得力が無かったんですよね...気象の影響なら高高度は無理としても結局のところ大気があれば飛行機は飛ばせるのですから、それだけで局地戦闘で使用できない理由にはなりません。低高度でもダメと言うなら弾道兵器は使えていたのでその発展系ならどうか、ロケット推進ならどうなのか、ジャンプは普通にしていましたからジャンプ後の滑空なら問題ないよねetc

 観ていて面白い作品なら、その辺の説明がいずれされる(?)まで見続けることもできたかもしれませんが、著作権テロったので3分で録画を止めて、ミリ視点から耐えられずに10分で音声まで消す様な出来だと、そりゃもう切るしかない訳です。

 ツカミって大事ですよ?

 余談ですが、今期著作権テロった作品は順調に切っています。コピーワンスかけた有料放送で著作権テロとか失礼極まりないので、新規の場合はそのマイナスを覆すレベルなり思い入れが無いと厳しいのですよ。

この記事へのトラックバック