諦めてって言ったでしょ?(言われてません)

画像 先日竣工したメインキャプチャ機で RAID0 ドライブの書き込み速度が約半分になりました(画像)。

 HDD が片方逝ったときにこの症状が出るので、ため息をつきならがら新品に交換したのですが治らず...画像は交換後のデータ、交換前は 260MB/s の 140MB/s 程度でした。実際にこれくらいの速度が出ていれば困らないハズなんですが、問題は速度が安定していないことで使用中にドロップする場合も。

 ハード方面では前述の HDD 交換、ポートの入れ換え変更、RAID0 の構成しなおし、ソフト側ではドライバの更新...がまた難産で、更新しようとするとフリーズ、セーフモードでもフリーズ、停止すらフリーズしてできない有様。ドライブを外した状態で何とか更新成功、でも治らず。

 そもそもは AMD の OMEGA ドライバリリース時に更新とパーテーションの切り直しを同時期に行ってからの症状で、この辺に原因がありそうなんですがシステムの修復でも更新前に戻せずお手上げ。困ったときのバックアップ。こんなこともあろうかと竣工直後に取ったバックアップがあるので書き戻そうと確認したところ...あれ? なぜに Vista? ...どーやらディスクを間違えて保管していた模様。万策尽きました。

 諦めて再インストールかRAID カードを導入するか。確実性を採り後者を選択(再インストール面倒臭いってのが最も大きな理由です)。結果は後日。

#HDD 高騰の折に結果無駄になった新規購入が痛い...

この記事へのトラックバック