接地を設置

画像 昔の家って接地工事が行われていないことも多々あり、築年数それなりに行っている新居の方も当然のように接地がありませんでした。流石にそれでは困るのでリフォームの際に接地工事を行っているのですが、残念ながら新設したエアコン用コンセントくらいにしか接地ターミナルはありません。そんな訳で個別に接地ターミナルを施工することにしました(写真)。

 エアコン用コンセントの接地ターミナルから接地線を対面の流し台横の壁まで引き回し、露出型の増設箱に接地ターミナルを取り付けています。これで冷蔵庫と電子レンジの接地が可能になります。ちなみに洗濯機と温水便座は入居前に分電盤から直接接地を引っ張ってきた端子台へ接続済みです。

 尚、幸いにして私は電気工事士の資格を持っているので特に気にする必要は無いのですが、今回のように既設の接地端子と露出型機器に接地線を接続する行為は電気工事に該当しないので資格は必要としません(はず)。と言っても、ターミナルをプレートへ固定する方法は知らないと判らないかも...って当然か。

この記事へのトラックバック