内科的には健康です

 そろそろ体のアチコチにガタの出るお年頃ですが、先週からみぞおち付近に居座る原因不明の疝痛に悩まされており(随分昔にやらかした十二指腸潰瘍に近い痛み)、場所が場所だけにここ一週間色々調べてみたのですが...

血液検査:総コレステロール値が僅かに基準越えしたものの他は基準値内
尿検査:全て正常値
CTスキャン:大きな所見無し
胃部内視鏡:以前から指摘されている十二指腸潰瘍痕と胃液逆流による食道の荒れ以外所見無し
大腸内視鏡:肛門付近の荒れ(要は痔)以外の所見無し

 と言うことで、内科の範疇では健康体とのことでした(大腸なんて褒められた...)。実際、大腸検査のため下剤と洗浄剤を使った時点で患部を触らない限り疝痛が治まっています。医者の見立てでは、大腸がかなり過敏らしい(内視鏡通過時に痛みで判るくらい、正確には大腸の外側で知覚している)のでその刺激が出ているのでは? 的な。常時の痛みが治まってしまったので当面様子見となりました。今イチ釈然としませんが腸内洗浄が効いたってことでしょうか...まぁ、もう暫くすれば人間ドックに入りますし、そのときに再挑戦(?)してみましょう。

 それにしても、今回2年分くらいの血液検査表を貰ってきたのですが、脳梗塞やらかしたときの数値がとにかく悪くてですね、肝臓が壊れかけている数値です。その後の入院加療、退院後のカロリーコントロールで劇的改善って流れです。いつまでも若いと思うなってことですねー。

この記事へのトラックバック