それでも僕はやってない?

 先般購入した ATOK 2016 の Premium 版。インストールを進めていくとシリアルキーの入力画面で「ライセンス認証のためジャストシステムに送信されます」との表記があります。実際オンライン登録キーの入力も(以前から)必須化されているため素直に読めばネットワークによるアクティベーションを行っていると思え、マニュアルにも「ATOK をオンにしたり ATOK で入力・変換しようとしたりすると、ライセンス認証が自動的に行われます」と記載されています。ところが...

 パッケージやオフィシャルサイトの動作環境にもネットワーク接続必須とは書かれておらず、これはジャストシステムやっちまったか? と思ったものの、ネットワークに繋がっていないオフラインのパソコンでも何事も無くインストール、起動できますし、そもそもユーザ登録もブラウザを開いてシリアルキーやオンライン登録キーを別途入力する形式です。

 ATOK 2014 同様、Passport 版があるのでアクティベーションの運用も可能なのでしょうけどパッケージ版にはまだ適用していない、ってことでしょう。紛らわしいですけど。

 Windows10 付属の MSIME も使ってみると機能的な不満は少なくなっているので、ATOK も頑張らにゃねぇ、と。ATOK イミクルとかウザい方向じゃ無く。

この記事へのトラックバック