先代の夢は遠く

画像 キーボードを取り替えるために ThinkPad を分解したのですが、X230 までは底面から幾つかのビスを外すだけで交換できたのに X240 以降はシステムボードまで外さないとキーボードにアクセスできません(写真)。ほぼ全バラです。

 そしてキーボードユニット自体にケーブル類が貼り付けてあり、しかも一部は ASSY に含まれていないと言う...いや、まぁ、普通はキーボード外すことは無いのでしょうけど、前モデルまで簡単にできていたことができなくなっているのは、開発者には忸怩たる思いもあったのでは無いかと思わなくも。そのトレードオフで薄さを手に入れている訳ですが。

 そー言えば最新の X280 ではバッテリユニットも内蔵だけになったようで、選ぶ意義が失われていきます。もっとも、その最新型が IBM Refreshed PC に降りてくるのは随分と先でしょうけど。

 え? ああ、私は「IBM のロゴを付けた ThinkPad」が欲しいだけですので。ネタ的に。

この記事へのトラックバック