テーマ:Winny

古いメールを発掘してみる

 ある国会議員の方へ今年の5月ごろに送ったメールが(何故か)Netscape から発掘されましたのでちょっと公開してみます。  はじめまして。意見を募集しているとのことで、稚拙ながら私見を述べさせて頂きます。  著作権保護を唱える前にまず確認せねばならないのですが、著作物がデジタルデータになった時点であらゆるデータは基本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンドルと本名の使い分け例

 Winny 裁判で弁護側は2ちゃんねるへ書込まれた 47 氏の書込みが被告の物であると積極的に認めない方向であると、Impress のコラムで指摘されています(参考リンク)。  もっとも、私は一貫して”47 氏”と呼称していますが、これはポリシーです(笑)。本物か否かに関らずネット上での 47 氏名義で行われた発言、行動を基に事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2004/9/1

 WindowsXP SP2 日本語版が明日付けでリリース開始(参考リンク)。そー言えば一部の CD/DVD-ROM プロテクトが SP2 評価版で正常に動作しないとの情報がありましたが、その辺は解消されているのでしょうか?  Winny 作者、47 氏の著作権法違反ほう助容疑公判開始(参考リンク)。47 氏が保釈されてからピタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P2Pファイル交換安全利用ガイドライン(追記)

 日本ネットワークセキュリティ協会なる NPO が安全な P2P 利用のガイドラインを作成しようとしているようです(参考リンク)。  その草稿を拝見しましたが、ちょっと頭を抱えてしまいました。曰く「著作者の許可なく著作物を収録したファイルを公開しない」。これは常識的にその通りで特に異論はありませんが、問題はその次。「著作者の許可な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Winny 問題を考える学会ワークショップ

 権利者側の団体が参加を拒否したので全体的には Winny 擁護大会になってしまったようです(参考リンク)。まぁ、私には言ってることほとんどが正論に感じられますし、それは本質的に権利者側も判っているがために参加できなかった部分もあるのかもしれません。  ちなみに、上のリンクは ITmedia に張ってありますが、記事としては Im…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ACCS 久保田氏のコメント記事

 いつの間にやら blog 化していた CNET の記事にトラックバック投げておきます。  さて、正直に言って久保田氏にしては歯切れの悪いコメントだと感じます。しかも ACCS としてではなく、個人的見解と強調して尚前提条件を付けて。恐らくは ACCS 自身も 47 氏逮捕までことが及ぶとは予想しておらず、また実は望んでいなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解説:ある小説家の憂鬱

「仮定:ある小説家の憂鬱」について  昨日書いたアレですが、現実に起り得るかと言うよりも今回の 47 氏逮捕を認めてしまうとあー言った案件でも逮捕が可能になってしまうことを示したかった訳です。自分の手を離れた著作物が、その著作物の利用形態と著作者の思想によっては当局の解釈次第で恣意的に逮捕可能になる事態は、Winny の是非以前に全ての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮定:ある小説家の憂鬱

 私は推理小説家だ。日夜、読者を楽しませるために新たな推理のネタを模索している。そんなある日、恐らくは現在の日本の警察捜査では逮捕のために正犯を追跡することが非常に難しい完全犯罪の方法を閃いた。これは刑法の欠陥に起因する盲点により成立する。  私はこの素晴らしいアイデアを自らの小説に書き示すことにした。そのことが切っ掛けとなり刑法…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Winny の機能面で余り語られていない部分

 Winny2 から実装された機能に BBS があります。これはその可能性を考えるとかなり画期的と思えるのですが、47 氏が逮捕されて以降違法なファイル共有の面ばかりが強調されて BBS 機能について殆どメディアで語られていません。  少なくとも、特定サーバに依存しない BBS が利用者に意識的なレプリケーションを実感させずに機能…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more