テーマ:Winny

一つの才能の死

 47 氏こと金子勇さんが亡くなられたとのこと(参考リンク)。逮捕から無罪確定まで、失われた約8年の歳月をこれから取り戻す矢先だっただけに残念です。  もし、彼が Winny2 で目指した特定サーバを介さないコミュニケーション空間(Winny2 のキモは P2P による BBS 機能です)が8年前に完成していたら、世界がどうなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャレにならない

 Share を使ってファイルを公開していた一部が一斉に逮捕されたとのこと(参考リンク)。報道によっては氏名や連行時の映像まで報じられているので、逮捕者は社会的に終わった感があります。そー言えばここ最近 Winny や Share のノード数とか流通しているファイル等のチェックをしていませんでしたが、この逮捕を受けて変化があるのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未必の境界

 Winny 作者に対する著作権法違反幇助が争われた裁判で、大阪高裁は罰金刑とした一審を破棄して無罪を言い渡しました。  面白いのは(判決文はまだ読めないので報道されている範囲ですが)、Winny 自体は価値中立的なソフトである、作者が著作権法違反に使われる可能性を認識していた、との事実認定は一審と変わらないのです。にも関わらず判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おしゃれどろぼー(タイトルと本文は無関係です)

 Share を使ってテレビアニメを公開していた3人が逮捕されたとのこと(参考リンク)。この3人、お互い面識はないとのことですが、その筋では有名だったようで逮捕を嘆く声もチラホラ(?)。今回ネットエージェントのツールが使われていますが、ネットエージェントと言えば Winny と Share のノード数を調査、発表しています(参考リンク)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2008/4/25

 最近また日本語が微妙に不自由な感じになってきているので、連休に突入したこともあり 5.6 辺りまで不定期更新とします。いや、私はネタの処理におざなりと言うかやっつけ的な傾向が出るととたんに文章が破綻するので(自覚あり)。  「裏・催眠術2」のデータ漏出について、BLACK RAINBOW から公式に報告が出ていますね(参考リンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週末まで更新が停滞します

 棚卸しの季節なんです...そんな訳で、更新が適当になります(笑)。  にしても、今日の降水確率は0パーセントだったハズなんですが、雷を伴った激しい雨が1時間ほど。帰宅したら拙宅のサーバが再起動してました。UPS 通していないルータの DHCP サーバは機能していないし(再起動で復帰)、今からこれでは夏場が思いやられます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2008/3/24

 Winny の”完全キャッシュ”を”公開”していたことによる公衆送信権侵害容疑で2名が書類送検されていますね(参考リンク)。一人が警官とのことで、そのせいでしょうか逮捕はされていないようですが、それはそれとして朝日の方の記事(参考リンク)。福岡県警は独自の検索法を開発して巡査を特定したという。...えーと、キャッシュやん、一次放流者ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一番悪いのは誰だ

 京都府警から始まってもう恒例行事となった感もあるウィルスに感染した結果の Winny による捜査資料の情報流出ですが、相変わらず漏れてしまっているようですね(参考リンク)。さて、この場合に誰を悪役に仕立て上げるかですが、 1.通達を無視して Winny を使い続けていた巡査長 2.ウィルス、或いはその作者 3.Winny、或…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガの公衆送信権侵害で逮捕

 ”あの”京都府警がスキャンした漫画を Winny で公開していたとして3名を逮捕したと報じられています(参考リンク)。なるほど、少年サンデー誌上で絶チルを連載している椎名高志氏がご自身のサイトで書いていた件はコレだったんですね。  さて、私が気になるのは公開者を特定した手段なんですが。Winny の可視化ツールを使用した成果か、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winny でファイル拡散防止の試みと Winny の先にあったかもしれないもの

 ネットエージェントが Winny 上で偽のキー情報を拡散させることで本来のファイルをダウンロードし難くするサービスを開始するそうです(参考リンク)。方法としては、実際のファイルと異なる転送情報を持ったキーのみ配布することで実際のファイルへ辿り着き難くするのかな、と予想しています。もしそれが正しいとすると、例えハッシュを指定しても偽のキ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

47 氏に有罪判決...とは言うものの...

 ファイル共有ソフト Winny を開発して著作権法違反の幇助を行なったとして懲役1年を求刑されていた 47 氏に対して、京都地裁は罰金 150 万円の有罪判決を下しました。大手紙の報道では有罪の部分が大きく取上げられていますが、この事件で実際に著作権法違反をしたとされる正犯には懲役1年(執行猶予3年)が確定していることを考えると、相当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2006/10/2

 そー言えば Winny の可視化システムってどうなったんだろう? と思って調べてみると、ACCS でも9月頭現在未だ検証段階で実運用には入っていないようですね(参考リンク)。なぜこうまで慎重なのかと言えば、Office 氏による ACCS からの情報漏洩事件で、氏が不正アクセス防止法違反での有罪が確定したことと無縁ではないのでしょう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡易 VoD

 以前より Winny 等の P2P が Video On Demand としても機能していると指摘していましたが、権利者側でもそのことをそろそろ認めざるを得ないようですね(参考リンク)。  ただ、P2P を簡易 VoD として使う場合はレスポンスの遅さに対する忍耐力や Google 辺りで的確な検索結果を得られる程度の検索スキル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2006/8/3

 Opera9.01 がリリースされました。9.0 での細かな不具合が修正されています。取敢えず私にとって致命傷だった、フレームページのキャッシュ処理(恐らくはサムネイル用のキャッシュが残っている状態で別のタブにそのページを表示しようとすると空白になってしまう)とネットワークストレージへダウンロードすると情報を消去するまでネットワークに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダウンロードは犯罪に非ず

 岡山県警の巡査長が Winny の暴露ウィルスに感染し内規に反して持ち出していた捜査資料を流出させてしまった件で、減給10分の1(6ヶ月)の懲戒処分が下されたとのことです(参考リンク)。一方、読売新聞岡山版の記事によると巡査長の個人パソコンには不正にダウンロードした数種類のファイルが残っていたこともわかったが、県警は他人への譲渡などは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2006/5/18

 ぷららが計画していた Winny のトラフィックパターンを解析して完全遮断する行為は電気通信事業法に抵触すると総務省が判断したようです。帯域制限までは緊急避難処置的に許容するとのことですが、これとてバックボーンでの帯域不足が原因との主張ですから適切な投資を行わなかったり実害が生じなくとも制限したりすれば抵触する可能性が高いことになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流出情報にも価値の相違がある

 P2P 等による情報流出云々の話題に事欠きませんが、流出した情報にも入手する側による価値観が存在します。単刀直入に書けば、希少性も面白くも無い情報は落とす価値も無いのです。仮に一個人の基本情報程度だったら、それが有名人のものだったり数がある程度揃わなければ流出しても誰も興味を示しません。ただ、それが数百以上の数になればそれだけで価値が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winny 以外の大規模流出

 毎日新聞がやってしまいました(参考リンク)。今回は Share 上に流出。Winny だけをピンポイントで問題視することの危うさが露呈した恰好でしょうか。  ところで、マスコミ各紙は Share を「シェア」と報じているようですが、「シャレ」或いは「シャーレ」の方が”通り”が良いと思ってます。私が観た範囲では ZAKZAK が「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

P2P と私

 昨日一昨日と取り上げた Winny の脆弱性はユーザレベルでの対策パッチ改良が着々と進んでいる状況ですので、判っている方にとっては収束していく問題なのかもしれません。折角なのでサイトの今後と P2P について。  私は Winny も含め、P2P ソフトを否定しません。以前にも書いたことがありますが、もし「凧おるぐ」を閉めるよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後の脆弱性

 Winny に発見されたバッファオーバーフローの脆弱性について、ユーザレベルで実際に Winny を落とせる exploit が公開され、それを元にした検証が行われています。  今のところ、 ・Winny は落とせるがそれは Winny 自身が自殺機能で落ちている? ・Windows XP SP2 によるソフトウェア D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winny にバッファオーバーフローの脆弱性?

 IPA が Winny にバッファオーバーフローの脆弱性があると発表しています。発見者は一般的なヒープオーバーフローだと主張しているようですが、実際の攻撃用コードが公開されていないこと、Winny プロトコル自体に攻撃コードを載せることは難しいと思われること、47氏自身が検証を行えないこと等から、実際にどの程度の影響があるのかはまだ未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OZ TECH 改め SkeedCast

 Winny 開発者が参画したコンテンツ配信システムとして SkeedCast が発表されています(参考リンク)。以前は OZ TECH としてその存在が公表されていたシステムですね。  そして敢えて「コンテンツ配信システム」と記載されているとおり、これは厳密な意味での P2P ソフトではありません。イメージ的には Winny 等…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2006/3/31

 Nifty がトラフィック規制を強化する(参考リンク)、と言うことで一部話題になっていますが、今までもやっていたのに何を今更って感じではあります(どーも毎日がとばし気味に書いたことが発端のよーな?)。トラフィック規制と言えば BIGLOBE もその”鬼”っぷりをよく聞きますが、私自身はそれを未経験だったりします。ADSL で上り帯域が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Winny のバージョンアップ?(全然違いました)

 現段階でネット上にソースを見付けられませんが、今「日テレ NEWS 24」を観ていたら著作権法違反幇助の疑いで公判中の 47 氏が5月頃を目処にセキュリティ対策を施した Winny の改良版をリリースする意向である旨、公判の中で明らかにしたと報道されています。  著作権法違反幇助の容疑中には頻繁なバージョンアップを繰り返したこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピントのボケた提言は聞くのが辛い

 安部さんが Winny 使用の自粛を呼びかけ(参考リンク)、内閣官房情報セキュリティセンターも同様の提言をしています(参考リンク)。読売の社説でも述べられていますが、Winny さえ使わなければ安心だと誤解させるような提言は害悪でしかないと考えます。  Winny を媒介とするいわゆるキンタマ系ウィルス/ワームはユーザが自発的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

判っているのに直せないジレンマ

 Winny を公開したことによる著作権法違反幇助の疑いで公判中の 47 氏こと金子被告が、キンタマに代表される Winny を標的としたワームに対し逮捕されたことで対策がとれないことを公判で暴露しています(参考リンク)。  これは、公判が続く限り、或いは Winny を公開する行為が著作権法違反の幇助と認められた場合、Winny…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何でも漏らす仁義なき****

 敢えてリンク等は貼りませんが、私としては「瑠璃色の雪」しかも PC-9801 版の人ですが、世間的には「脅迫」の方かな的な原画+シナリオの人が Winny で流通するウィルスに感染し、自身の個人データを流出させてしまった件で一部騒ぎになっています。  流出したデータによって明らかになった自作自演云々は置いて少しだけフォローすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何でも漏れる Winny

 開発中ソフトのスクリーンショットから他人には積極的に見せられない個人情報、医療機関のカルテや警察の捜査情報まで、よくもまぁこれだけ引っかかるものだと思っていた Winny で猛威を振るうキン*マ系ワームですが、原発の保守情報まで漏れてしまったようです(参考リンク)。  47 氏が逮捕、起訴されたことによる最も大きな弊害は、こう言…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ファイルローグ再び敗訴

 日本 MMO が提供していたハイブリッド型 P2P サービス「ファイルローグ」が著作権法違反に問われた裁判の控訴審で、高裁も同法違反の判決を出しました(参考リンク)。  結局高裁でも日本 MMO 側が著作権侵害の主体とされたようですね。中央サーバを擁するハイブリッド型とは言えサーバが管理するデータはファイルの実体ではありませんか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

P2P はハイブリッド型へ回帰?

 NEC が”安全な”P2P 技術を開発したと報道されています(参考リンク)。  国内でも日本 MMO がハイブリッド型のサービスを提供していましたが、それを潰したのは音楽業界。その流れでピュア P2P が登場した訳で、果たして時間は巻き戻るのか、微妙なところでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more