テーマ:音楽配信

SME は iTMS-J の扉を叩くのか

 時系列的には ITmedia が 9/2 付で SME への iTMS-J への楽曲提供は検討しているとのインタビュー記事を掲載(参考リンク)、読売新聞が 9/4 に SME の iTMS-J への楽曲提供の方針を明らかにしたと 9/5 付で報じ(参考リンク)、それを受けて Impress が具体的な進展は無いとする確認記事を(参考リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yahoo の無償音楽配信(放送?)

 Yahoo が発表した Yahoo!ミュージックサウンドステーションから連想して思ったことツラツラと(参考リンク)。  ビットレートが 32kbps の WMD ファイル。無償で流すことを考えると妥当なビットレートだと思いますが、32kbps 程度なら DRM 無しで構わないんじゃ? とも思ったり。私は 64kbps 以下の M…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

著作物は観て聴いて体験してなんぼ

 247music が無料音楽配信で音楽をプロモートする試みの発表を行っています(参考リンク)。この、登録した”情報”がやがて”作品”に昇華するとの考え方が権利者の側から発せられるのは、実は画期的ではないかと思っています。  音楽に限らず、殆どの販売物は実際に購入した後にならないと購入者にとってどれ程の価値があるのかは判りません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽配信と CD レンタルとコピーの狭間に

 音楽配信事業に進出しているオリコンですが、その意図について担当者へのインタビューが ITPro へ掲載されています(参考リンク)。  その中で、CD産業を苦しめる日本独特の原因は何か、と突き詰めていくと、これはコピー問題が背景にあるとしか思えない。それも、レンタルから派生している中古、コピーがそうです。権利者に対して対価が支払わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iTMS J 正式スタート

 と私が書くまでも無く、一般ニュースを含めアチコチで取り上げられています。早速アクセスしてみましたが、流石に初日だけあって若干重いようですね。実は数曲購入してみたのですが、ダウンロードの段階で数回エラーを返されました。試聴でエラーに逢うことはなかったのですが。  購入したのは姫神「青い花」から3曲。市販ディスクがコピーコンロトール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

果たして JASRAC は音楽配信を収益源に育てるつもりはあるのか

 JASRAC の著作権料徴収額が過去最高を記録したそうです(参考リンク)。音楽 CD が不振だと言われていますが、音楽産業全体のパイが小さくなっている訳では無いと言うことですね。  (それはそれとして、何故にZガンダムが10位に入ってますか(参考リンク)。劇場版の公開は間に合っていないハズですが...?)  そして iTM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

draft 向けジロン的な 2005/5/18

 Opera8 がリリースされて一ヶ月が経過しましたが、未だ日本語版が提供されていません。えーと、そろそろ叩いてもいいですよね? だからやる気が無いのなら最初から欲しがるなと > ライブドア  自転車の事故が増えているのだそうです(参考リンク)。そうですね、取敢えず、夜間無灯火で逆走してるよーな連中はそれが自殺行為だと学習するよう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

いつから始まる iTunes Music Store

 毎日新聞が Apple iTunes Music Store の年内開始を報道(参考リンク)し、CNET が未定との報道をしています(参考リンク)。  iTMS の場合、海外と同等の DRM(著作権保護)で \150 以下と言う価格設定なら合格と考えます。逆に言えば、この条件をクリアできないならまだ”待ち”で良いでしょう。他社が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽配信と購入意欲

 モーニング娘。の曲が配信されるのは初めてなんだそうです(参考リンク)。  ただ、なんですかこの制限は。WMD 対応機器への転送回数1回、プロテクト付 CD-R への焼付け回数も1回のみ。「国民的アイドルグループの音楽配信進出は、音楽配信サービスの本格的幕開けを告げるものだ」とのコメントが発表されていますが、まず最初に、”あなた方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイルローグ再び敗訴

 日本 MMO が提供していたハイブリッド型 P2P サービス「ファイルローグ」が著作権法違反に問われた裁判の控訴審で、高裁も同法違反の判決を出しました(参考リンク)。  結局高裁でも日本 MMO 側が著作権侵害の主体とされたようですね。中央サーバを擁するハイブリッド型とは言えサーバが管理するデータはファイルの実体ではありませんか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

個体認証のリスク

 国民生活センターが不具合等による携帯端末交換で購入済みのコンテンツを引き継げない場合、キャリア側に賠償責任があるとの”助言”が発表されています(参考リンク)。  免責事項に対しても消費者契約法により無効と判断していますので、この”助言”の通りだと携帯端末に限らず国内のコンテンツ販売、認証方法ほとんどに影響を与えます。個人ではなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「着うた」で独禁法違反

 大手レーベル5社が「着うた」で不当に楽曲の使用制限をしたとのことで公取委から排除勧告を受けました(参考リンク)。  以前公取委から立入りを受けていましたが、結局排除勧告に至ったようです。同じことは着うたに限らず音楽配信でも行なわれている疑惑もあり、Apple にとっては追い風になるのでしょうか? やはり以前から書いていますが、取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機能の尖鋭化

 音楽配信メモで津田さんが SONY Hi-MD PHOTO について色々突っ込んでいます(参考リンク)。  その中で、iPod shuffle に付いて述べた部分iPod shuffleが優れていたのは、敢えて液晶を削ってシャッフル再生限定にすることで、アルバム単位で音楽を聴くことの解体だとか、新たなリスニングスタイルを「強制す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットワーク配信の適正価格

 既に終わっている質問の話題ですが、音楽配信メモで津田さんが取上げているので音楽配信における価格に対する私見を簡単に(参考リンク)。  ブロガーと言うより消費者視点になりますが、価格とは相対的な品質や付加価値により決定されることが第一義と考えます。音楽配信を例にとるなら、音質に劣る圧縮音源ファイルが CD-DA と等価とはなりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

撤退中

 ワーナーミュージックもコピーコントロール音楽ディスクから撤退するようです(参考リンク)。  発表文で気になったのが「パソコンへの取り込みを行なうことができず」って一文。最初、パソコンへの取り込みを制限する目的を果たせずと読んでしまいましたよ(笑)。もっとも、「ユーザーのニーズに応えることができなくなりました」って部分はその通りだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ときに判りやすいアンケート

 Impress AV Watch の「でじたる羅針盤」にて音楽配信に対するアンケートが行われ、その結果が公開されました(参考リンク)。  アンケートは設問の仕方や集計の方法によっては恣意的な結論を導き出す小道具に使われたりもするのですが、でじたる羅針盤については素直な設問と判りやすい回答が示されていると感じます。ぶっちゃけ、「C…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SonicStage が CD-R 焼きへ対応

 音楽配信メモにて Mora のプレスリリースが公開されています(参考リンク)。  これで公開されている全曲がポータブルプレーヤ転送無制限で、且つ CD-R 焼きへ焼けるようになれば、楽曲の購入サービスとしては iTMS に大きく見劣りしなくなり競争力が持てるようになると思われます。逆に言えば、現行の制限ではダメだと言うことをよー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPod Photo と iTMS

 私は写真を持ち歩く趣味がありませんので(デジカメだって主におるぐのネタ用に使ってるだけですし)iPod Photo に価格差分のプレミアムは感じていないんですが(参考リンク)、現在リリースされている動画再生対応のポータブルデバイスに使い道が無いと思うのも正直なところで。まぁ、写真データも同じなんですけどね。ディスプレイにジャケットが表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着うたフルは iPod の夢を観るか

 au がケータイ端末にフルサイズの楽曲ファイルを配信する着うたフルを発表しています(参考リンク)。  結果的に音楽配信サービスとなるため、発表の席では iPod を相当に意識した発言もあったようです。私の印象で言うなら容量 256MB 程度のシリコンオーディオを駆逐することは可能だと思います。iPod 対抗と言うには、実際に i…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Microsoft も音楽配信サービスを発表

 報道(参考リンク)を観る限り、従来の WMA で行なわれていた既存の他社サービスと比べて、一度ライセンスを受けたパソコンでの再ダウンロード無制限、三度までのライセンス再発行の要素が追加されていますが、WMD 対応機器への転送が三回で打止めなことやデータのバックアップ的な要素を何も認めていない点など「使い物にならない」点はそのままで、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聴き放題サービス

 音楽配信メモを観ていると、津田さんご自身は Internet ラジオを使った聴き放題サービスに期待している様子が窺えます(例えばここ)。私の場合はどうなのかと言いますと、スカパーでスターデジオが受信できる環境ですから、実はそれ程魅力を感じていないのが正直なところです。実際、私の iPod 用のソースは殆どデジオからですし。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Microsoft の音楽配信サービス

 国内でも計画されているようです(参考リンク)。  国内でも合衆国と同等のサービスが提供できるなら iTMS が開始されていない現状ブレークする芽はあるかもしれませんが、仮に他の国内サービスと同等(コピー3回や CD-R への焼付け不可等)だったら、やはり同じ道を辿るでしょう。  そもそも国内のサービスは、合衆国で iTMS…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

著作権法と独占禁止法

 率直に書くと、デジタル化して不便になるならアナログのままで一向に構わんのですけど(参考リンク)。最大の問題はそー言った話し合いを視聴者としていないことですよ > 放送業界  そして公正取引委員会が「着うた」で不公正な取引きをした疑いでレーベル各社の立入り検査を実施(参考リンク)。レーベル側は原盤権を持っているのでそれを楯にした業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内音楽配信の夜明けは遠い?

 海外で展開している iTunes Music Store に比べて明らかに立ち後れている国内の音楽配信について IT Pro のコラム(参考リンク)。  結論は記事中で指摘されている通り「パソコンへの楽曲コピーを禁止したCCCDを店頭で売っておきながら,音楽配信ではCD-Rからコピー制限のない音楽CDを作れる状況を作れば,小売店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

客を舐めるのも大概にして頂きたい

 「米国ではフェアユースの考え方が根付いているために、CD-Rメディアへの書き込みなどもゆるやかになっているが、日本では現時点ではこうしたバックアップを認めるスタンスにはない」(参考リンク)。  例えば HDD プレーヤの場合、何か問題が在ったりタグを打ち直したりと言った理由でドライブを初期化して曲を転送し直すことは有り得ます。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一回くらい書いておこうかな

 昨日エニーミュージックのパーティー(参考リンク)について書きましたが、奇しくも(?)同日の今日、エキサイトが音楽配信サービスを開始しました(参考リンク)。改めてもう一度書いておきます。 「ゴタクはもういい。まずは本当に使い易い(金を出すに値する)サービスを提供してから語ってくれ」  Apple iTunes がハードを売る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more