blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 原動機の祭典

<<   作成日時 : 2011/12/04 23:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 今日は晴天の中、東京モーターショー2011 に行ってきました(上から写真1)。と言っても4輪に余り興味は無いため二輪中心、基本観るだけでしたので写真に簡単なコメント付ける形で。4輪に関しては、取り敢えずドラえもん推しだった TOYOTA ブースのみで(写真2)。どーせなら Jean Reno バージョンが欲しかったところ(マテ)。

 ブレーキを供給しているNISSIN のブースで今年レース中に亡くなったマルコ・シモンセリの GP マシンを展示していました(写真3)。改めてご冥福を。

 何故か今更 SUZUKI ブースで展示されていた V-STROM DL650(写真4)。車高の割に足付きは悪く、私でも両足土踏まずまで。シート幅が広いからですが、トレードオフとしてお尻に優しいと思われ、ゆったりしたポジションと相まって長距離には良さそうです。

 Kawasaki ブースで日本初お披露目となる Versys1000(写真5)。同エンジンの Z1000 より一回り大きく、コンパクトさと軽快さが失われた印象で少し残念。その代わりとして長距離ツーリングマシンとしては強力な仕上がりになっているでしょうから、市街地を出てしまえば快適なんだろうなと思います。従来の 650cc も併売と聞いているので、同様の排気量を併売している V-STROM 対抗なのかなと。Kawasaki ブースは展示のみで跨がれないのが惜しい。

 YAMAHA ブースでは XTW250 陸駆(写真6)。ペットネームはともかく、コンセプトは大変好みです。もしリリースされたら前向きに検討することになるでしょう。

 最後は HONDA NC700(写真7)。この NC700 はキャストホイールですが、スポークホイールの CROSSTOURER も展示。何れもトリプルパニアで出展しており、BMW の GS シリーズを強く意識していることが見て取れます。何気に後ろで映っている INTEGRA もトリプルパニア構成で、箱好きとしては良い傾向です。

 一応今回はここまで。続きはこぼれ話を...何れ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
原動機の祭典 blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる