blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS こぼれた話

<<   作成日時 : 2011/12/06 22:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 東京モータショー2011 の小話(二輪限定)。先ずは HONDA の電動のスポーツモデル(写真1)。電動モータは回転はじめが最も高トルクを発するので出足は速そうです。トランスミッションも必要有りませんからクラッチ操作が苦手な方も楽でしょう。残る問題は航続距離ですが、このハードルが最も高いでしょうね...ってアレ? 写真が無い。仕方が無いので NC700S で。

 同じく HONDA 久々の本格オフロードモデル CRF250L(写真2)。展示車のみで触れませんでした。パフォーマンス優先の YAMAHA WR やコスト重視の Kawasaki KLX と比べてどの立ち位置を狙っているのか気になるところです。ちなみに私の体格で WR250R では両土踏まずまで接地します。

 比較的低いシート高でトレッキングマシン定番の SEROW250(写真3)。成熟が進んでいるためこのテのマシンが欲しいならマズ外れのない選択ですが、趣味から言えば角ライトの方が好みです。

 adiva のブースで展示されていた AD3(写真4)。これなら多少の雪でも走れそうな(笑)。二輪の AD シリーズは台湾製造に完全移行とのこと。ちなみに今日も屋根付き Majesty125Fi で帰宅中に原付の方から信号待ちで(具体的に値段まで)質問されるほど潜在需要はあるので、もーちょっとブレイクしても良さそうなんですけどね。もっとも、お値段が最大のネックなんですけど。

 その他写真を載せないネタ。展示していたのですから TOYOTA は「どこでもドア」の実用化を急いでください(マテ)。それと、Kawasaki ブースに「Ninja だー、Ninja だー」と駆けていったオネーサンに少し萌えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
こぼれた話 blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる