blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 生々流転

<<   作成日時 : 2015/05/11 00:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 そもそも何故自動二輪に動画撮影環境を整え出したのかと言えば、先般「もらい事故」の被害者側が加害者とされ、過失が「無いことの証明」責任を負わされる(そして被告側敗訴の)判決が地裁で出されたからです。

 これについては「悪魔の証明」だとアチコチで叩かれましたが、判決云々より条文でそうなっているのだからどーしよーもありません。被害者保護の面からそうなっているのでしょうけど、被害者を名乗る方(正確には加害車両の同乗者親族)から一方的に加害者だと言われるような事態は立法時点で想定外だったと思われます(件の裁判に弁護士が付いていたかは判りませんが、被告側は事実関係では無く被告適格があるかをまず争うべきでした)。

画像 そんな訳で昔買ったアクションカムをドライブレコーダ代替として使うところから始めて、四輪用ドライブレコーダの防水加工、ツーリングのお供としても併用ためドライブレコーダ機能を持ったアクションカムを購入したところで一段落したところにもう一台アクションカムを追加購入しました(写真上)。ここにきて中華製似非 GoPro 的な、コレの偽物も既に多く出回っているというカオスな製品、SJ4000 です。Wi-Fi モデルですが技適の表示は無いので危なくて ON にできません(まーそれ言っちゃうと Panasonic HX-A100 にも本体への技適表示は無いんですけどね)。本家にも無い完全なる(?)ドライブレコーダモードを持っているので、給電と同時に録画開始、給電 OFF で録画終了シャットダウンと実に優秀です。

画像 取り敢えず防水ハウジングに給電用の穴を開け、ツーリングセロー に載せて昨日小雨の中を走ってみましたが、ウィンドシールドの内側だとこれで何の問題も無さそうです(写真中)。あとマウント関連が GoPro 互換なためヘタに DIY するより買った方が廉かったりしますが、その辺はその内。

 尚、山善のアクションカムは屋根付き PCX へ移植。これで4台中3台にカメラ常設(容易に盗られない加工はしていますが、盗られても諦めのつく価格帯縛り)。残る KSR-2 は、前述の HX-A100 を都度載せる方向で(写真下)。これのために KSR-2 にもシガーソケットを設置したので、ただでさえ狭いハンドル周りがエラいことに...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
生々流転 blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる