blog de ジロン

アクセスカウンタ

zoom RSS 諦めたらそこで試合終了ですよ

<<   作成日時 : 2015/09/30 21:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 脳梗塞発症により緊急入院してから今日で1年。早いもんです。未だ右手足の痺れは取れませんが、まぁ動くだけめっけものと言うことで。幸い自動二輪にも支障なく乗れていますし。アレ以来、色々人生観(大げさ)も変わりましたが、その一つに「持ち家が欲しくなった」ってのがあります。

 何と言いますか、生々しい話だと例えばポックリ逝ってしまう分には全然構わないのですが、うっかり生き残ってしまうことを考えると、色々対策の打てる持ち家の方が有利です。元々は田舎に戻るつもりもあったのでこっちで家を買う発想は無かったのですが。

 さて、病気を機に家を買おうと思ったものの、いざ家を買おうとすると今度はその病気がネックになります。多くの場合、家を買うため住宅ローンを組むことになりますが、住宅ローンを組むには大抵「団体信用生命保険」、いわゆる団信へ加入することが求められます。ローンを組んだ人間に何かあった場合に保険でローン残高を清算する仕組みですね。これ、紛う事なき生命保険なので健康に不安がある方は入れないことがあります。ましてや自分は昨年やらかしたばかりですから、入れる道理がありません。

 なので団信を要しないローンを見繕っていたのですが、口座持っている某都銀の担当者から本審査の前に団信が通るか否かのみの申請をしてみないか、との提案が有り、同じ都銀の扱っている審査の緩い(その代わり利率が上乗せされる)ワイド団信と並行で申請出してみることに。結果、ワイド団信の方が通ってしまいました。全っ然期待していなかったんですけどね(お陰で話を進めていた某信金をお断りすることに)。

 そんな訳で、脳梗塞やらかしていても住宅ローンが組めることもある、と言うお話。無論、これは私の事例ですし、条件等も加味された可能性はあります(金額がそれ程大きくない+自己資金3割等)が、健康告知で嘘つかなくても担当者ときちんとコミュニケーション取れていればそれなりの提案をしてくれます(例え落ちても保証人付ければ融資可能、とか)。諦める前にやれることはあると言うことです。

 そして今日、本審査通過の連絡がありました。物件決めたり内覧したりと忙しいのもここ暫く落ち着いていたのですが、またバタバタしそうです。色々片付いたらその経緯をまとめてみようかと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
諦めたらそこで試合終了ですよ blog de ジロン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる